『語らいカフェ』について

 毎月第3土曜日 13時30分~15時30分

 難病相談支援センターで開催しています。

 カフェ形式で軽いお茶やお菓子をつまみながら、難病療養者同士でいろいろ

話しをする場です。

 当事者でなければ分かり合えないこともたくさんあります。

 話して食べて飲んで、楽しかったと思える時間を過ごして下さい。

  弥生の語らいカフェ(3月17日)

            道路の雪も消えて、春到来を思わせる日。

          今日の参加者は何人かな?と期待でどきどきしながら準備をしま

         した。今回は、天候も良かったせいかなんと8人が参加して下さい

         ました。初めての参加者が3人もおられ嬉しい限りでした。

          話題も、難病と診断されてどんなふうに受容していったのか、

         健常者と身障者の境界は?自分なりの受け止め方は?

         ヘルプマークって?等々。当事者が自分なりに行動して社会にアピ

         -ルしていくことは大切と前向きな発言もあり、多くの方に聞いて

         ほしいなと思えた2時間でした。 

 

         ヘルプマークって、まだ知らない人の多くない?

        そうなんだよね。秋田県は、まだ始まったばかりだからね。

             でも、持ってると結構役に立つよ。

          ふ~ん、どんなふうに。

          かばんに付けて外出していると、コンビニのドアを開けてく

              れたりとか・・・。ヘルプカードの裏に自分の助けてほしいこ

              とを記入しておくと、突然倒れたりしたときに、それを見て手

              助けしてもらえたりとか・・・。

               そうなんだ。俺も申請してみる。他の人にも教えるよ。